AD&M

会則

会則

第1章 名称

第1条

当会は、エーディーエム

( AD&M : ​Adventure Design & Mountain )

と称し、連絡事務所を 東京都台東区谷中5-1-10 に置く。

第2章 目的

第2条

当会は、登山の研究・指導を通して遭難防止に努め、メンバー相互の親睦及び登山の発展を図ることを目的とする。

また、各種クライミング、トレッキング、ハイキング、キャンプ等のアウトドアギアの開発、製造、販売を展開し、登山を主とするアウトドアライフの発展に寄与することを目的とする。

第3章 事業

第3条

当会は第2条の目的達成のため下記の事業を行う。

・計画山行

・講習会

・ミーティング

・その他の山行(海外遠征、公募隊含む)

・その他の事業(アウトドアギアの開発、製造、販売)

・その他登山に関わる事業

第4章 組織

第4条

​当会は会の意義・目的に賛同するクライマーにより組織する。

第5条

当会に次の機関を置く。

総会及び臨時総会、運営委員会(運営、会計、広報)、リーダー会

第6条

当会は下記の運営委員及びリーダー会を置く。

・運営委員会 若干名

・リーダー会 若干名

第7条

運営委員及びリーダーは会員の推薦により、定例総会で選出し任期は1年とする。

 

第8条

運営委員は会務を担当する。チーフリーダーを中心とする各リーダーは、山行計画を担当し、運営委員会において相互連絡を行い会活動を推進する。

第9条

代表は会及び運営委員会を総括し、また対外活動において会を代表する。

第5章 会計

第10条

当会の会計年度は前年9月1日から当年の8月31日とする。

第11条

当会の経費は会費、入会金、寄付金その他の収入により、充当する。

第12条

1、会費は年会費とし、別に定めるところにより納入しなければならない。

2、正当な理由なく会費を納入しないときは、運営委員会の決定により退会扱いとする。

第13条

会計監査については、監査役を定例総会にて選出し、年1回8月31日総会日前に監査を行う。その後、会計報告書を総会に提出し、承認を得るものとする。

監査役の任期は1年とする。

第6章 入退会等

第14条

当会へ加入する時は、当会側を確認、同意の上、必要な個人情報に入会金及び会費を添えて運営委員会に提出、申し込むものとする。

第15条

当会を退会する時は、文章を以って運営委員会に届け出、その受理をもって退会とする。

​退会に際し、必要な諸手続きを要する場合は、真摯に対応し、諸手続きを完了しなければならない。

第16条

休会者は文書を以って運営委員会に届ける。運営委員会の承認無きものは休会者とは認めない。尚会費は

当月まで払っていること。休会者は年会費を払う。年会費は定例総会で別途定める。次年度も休会する者は次年度の年会費を9月末日までに納入しなければならない。

第7章 会活動

第17条

会員は、遭難時の救助、連絡活動を円滑に行える様、山行前には必ず登山計画書を提出しておくものとする。

第18条

会員は、自らの行動に相応する山岳保険に加入しなければならない。

第19条

会員は集会に出席するよう努力するものとする。

第20条

休会中の会員の山行は自由であり、会はその責任を一切負わない。休会者は集会、定例総会などの会の催しの参加は自由である。

第21条

会に対して、著しく不利益な言動を行ってはならない。

第8章 遭難

第22条

会員が個人山行によって遭難した場合、会は極力その捜索、救助に対する協力の為、必要な情報提供や連絡等を行うが、会はその責任を一切負わない。個人山行は自己の責任において実施する。

第23条

会員が遭難した場合、その捜索費用等は第18条の保険約款に基づく保険金を以ってこれにあたる。

第24条

会員と非会員が山行を共にして遭難した場合、運営委員会及びリーダー会が協議して対応する。

第25条

会員が遭難した際、緊急を要する状況において、現場の判断を優先して行った救助活動については、本人あるいはその家族が、当会が要した捜索、救助費用の全額を負担するものとする。

第9章

第26条

1、会員が下記の理由に該当した時は、運営委員会の決定により、当会から除名することができる。

・会の名誉、信用を著しく毀損したとき。

・会則に違反し、運営委員会の指導及び警告にも従わないとき。

・法律違反、傷害罪や暴行罪といった暴力系犯罪、背任罪によって罰金刑以上の刑を受けた者。

2、第17条・第21条に違反した者は、運営委員会において、情状酌量の余地があると認められなければ、除名とする。

第27条

除名者の再入会は、総会の総意が無ければそれを認めない。

第10章

第28条

会則は総会出席者の3分の2以上の賛成を以って改廃することができる。