4月3日 (土)

秀麗富嶽十二景 2番山頂
 牛奥の雁ヶ腹摺山(1,995m)
 小金沢山(2,014m)


メンバー 6名(+ guest1)
天気 くもり​  残雪なし

コロナ禍、緊急事態宣言がひとまず解除された。

コロナ対策を十分にし、久しぶりの会山行に臨む。

 

23:00 東京駅集合 (車2台)

 |

25:30 甲斐大和道の駅 (仮眠)

 ・

5:30 起床

6:30 甲斐大和道の駅 出発

 |
東京では例年より早い桜の開花があり、既に見ごろも終わっていたが、道の駅からペンションへと続く道沿いには、
今が盛りと咲き誇る満開の桜を観る事ができた。

 |
7:10  ペンションすずらん (駐車票記入、無料)

登山開始

あいにく快晴とはならなかったが、曇り空に時々春の日が射す。

天気はもちそうだ。

高度を上げていき、比較的痩せた尾根を歩いた時のことである。

ちょうど尾根を境に右側は霧を湛えた幻想的な景色。左側は霧も無く、すっきりとした景色。

尾根を境にこれほどくっきりと違う景色を同時に楽しめるのは面白い。

山ならではの非日常的な光景に少しワクワク。
 |
8:50~9:00 牛奥の雁ヶ腹摺山

大菩薩嶺から南側へ続く尾根筋を小金沢山稜又は小金沢連嶺と呼び、小金沢山はその主峰となる山である。

山頂は、南側の牛奥ノ雁ヶ腹摺山と共に富士山の眺望に優れる秀麗富嶽十二景の2番山頂として選ばれている。

1日中視界は十分でなく、残念ながら今回富士山は見えず。

 |
9:30~11:40 小金沢山

今日の為にホットケーキとホットサンドをつくる準備をしてきていたので、ここで休憩。

若干焦げたり、トッピングが乱れたりと‥ (( ´艸`) 多少はご愛敬。

ホットサンドにはツナマヨを挟み、ホットケーキにはマスカルポーネクリームのトッピングが大正解。

山で仲間と食べれば美味しさは格別である。

 |
12:05~12:20 牛奥の雁ヶ腹摺山
下山時のオーダーはローテーションで、先頭を入れ替わりながらの下山。

 |

無事下山
13:25 ペンションすずらん


リュックを下すと、気さくなペンションオーナーが出迎えてくれ、クマや鹿の出没話をしてくれた。

 |
やまと天目山温泉につかり、老舗のほうとう屋さんで名物の肉ほうとうに舌鼓。

 |

帰京。

 

記録  R.U

​Gallery