10月3日(土)~4日(日)

​白馬岳  メンバー8人

​天気 晴れ 気温12度

メンバーをピックアップして三芳PAでK号と合流し、関越➡上信越➡北陸道➡長野ICを下り一般道へ。

しばらく走り蓮華温泉駐車場に着きました。紅葉の時期と白馬大雪渓の通行止めと重なり満車状態。何とか車を止めAM3時半に仮眠を取り、AM6時に蓮華温泉を出発。

この蓮華温泉からのルートは、あまりメジャーではないが外国に「日本アルプス」を紹介したウォルター・ウェストンが鉱山道を歩いてこの蓮華温泉に立ち寄った場所だ。

白馬大池に9時到着。ここで大休止をして珈琲を入れ温まる。

山で入れる珈琲はやっぱり美味しい。

途中で雷鳥がハイマツの茂みからひょっこり姿を見せてくれるサプライズも。

脚がびっしりと白い毛で覆われていて雷鳥も冬支度かな。

小蓮華山に11時45分に通過し、そして13時15分にようやく白馬岳に登頂

実に7時間15分、標高差は約1500m

山頂で写真をそれぞれが撮り、ゆっくりと10分かけて白馬山荘に到着。

白馬山荘は800収容できる日本最大級の山小屋です。

今年はコロナで制限がかかっており、なんと個室を用意してくれました。

部屋に入り、ささやかであるが祝杯をあげる。

​少し早い夕食を食べ、沈んでいく夕日を皆で見ました。

 

翌日は午後から雨という予報の為に早く下山しようと打ち合わせをしまして就寝しました。

昨日は車であまり寝られず、私は速攻で深い眠りに落ちました。

翌日AM4時に起床、AM5時に朝食を食べAM6時に蓮華温泉に向け出発です。

途中の天狗の庭で珈琲タイムをしていたらポツポツと雨が・・・

雨の中、ラスト1時間です。

蓮華温泉に着くころには雨も止み晴れ間が・・・

早速、蓮華温泉に入り体を温めました。

蓮華温泉にはいくつもの野天風呂がありますが、それはまたの機会に・・・

途中でお昼を食べて高速で帰りました。

PM7時30分三芳PAで解散。

蓮華温泉でウォルター・ウェストンに触れ、雷鳥にも出会い、素晴らしい紅葉もみられ、白馬岳のまさに荒馬のような荒々しい山容が素敵でした。

​標高差1500mは流石にきついかと思ったが、メンバーが誰一人脱落せずに下山出来たことにホッとしました。

次回は大雪渓を通り、白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳の白馬三山も良いし、冬の白馬岳も登ってみたい。

                                           

                              記録  TA

​Gallery