10月24日(土)

一切経山 メンバー 5人

​天気 曇りのち晴れ 気温2度

23時にメンバー集合して出発。

上川内SA→安達太良SA→福島西ICを下り、浄土平レストハウス前の駐車場に到着。

途中、磐梯吾妻スカイラインでは徐々に標高が上がっていくにつれて、街並みの夜景がキラキラと輝いていた。

AM3時30分に仮眠を取る。

5時30分に起床したが、あまりの寒さと強風に登るのを躊躇する程であった。

メンバー全員が決心を固め、6時15分一切経山に向けて駐車場を出発。

木道やガレ場などの登山道は歩きやすい道だった。

雲の流れが速く、徐々に晴れ間が見え火山ガスが噴出している様子や振り返ると桶沼や湿原が広がり、登頂に期待が広がる。

40分ほど歩くと酸ヶ平避難小屋到着した。各々休息を取る。

山頂までラスト40分・・・

短い距離ではあるものの、強風が吹き荒れる中、足を取られないように一歩一歩踏み締めるように進んでいた。

稜線に出てからは風速20メートル以上ある風に体が煽られ、メンバーで支えあいながら歩いていたが、立っているのも

厳しい状況に・・・撤退を決断する。

駐車場まで下り小富士まで登ったが、やはり強風でお鉢巡りは断念した。

9時45分に駐車場を出発し、のんびり温泉に寄る。白濁の硫黄の香る温泉で、体も心も温まり癒される。

その後ラーメン「くぬぎ」に寄り、白河ラーメンを楽しむ。

懐かしくも感じる、シンプルな醤油ベースの手打ち縮れ麺のラーメンだった。

今回は悔しい結果になってしまったが、今までにない強風だった為、賢明な判断だったと思う。

また、いつか一切経山にリベンジし、東吾妻山にも足を伸ばしてみたい。

                                    記録 HN

Gallery