10月31日(土)

​常念岳(三股登山口) メンバー3人

​天気 晴れ 気温2度

​23時に集合し、時間通りに出発。初台から高速に乗り安曇野ICより一般道にはいり、三股登山口駐車場に2時30分到着。

到着後すぐに車中泊にて3人、川の字になって仮眠をとる。

4時30分起床後、満点の星空の下、各々出発準備を始め、5時15分に三股登山口を出発。

駐車場から登山口までウォーミングアップをしながら歩く。登山口の初めから急登が続き、いつもより早く衣服調整を行う。

満点の星空が白み始め、背後からは暖かい日差しが背中を暖めてくれる。

一歩一歩と歩みを進めていると大きな山が・・・これが前常念岳。

噂通り、岩と急斜面で驚くほど体力を奪われる。すぐに息が切れ、呼吸を整えるもすぐに息が切れる。

なかなか辿り着かない前常念岳。

やっと辿り着いた前常念岳。山頂の看板がない、、、。

ここが目的ではないが、三角点のみは少し寂しい。

この避難小屋は石室といい、岩で作られている小屋で、こういう小屋は初めてで驚いた。

そして登り詰めたその頂上には、正面に穂高連峰、その右には槍ヶ岳と回りを見渡すと名だたる山々が全て見渡せる。

登りはきつかったが、この絶景により一瞬にして疲れも吹き飛ばせれる。

最高の天気にも恵まれ頂上では気温も12度。

しばし山頂からの景色を満喫しながら休憩、食事をとりゆっくり安全に下山。

標高差1600m弱を1日で登り、そして下山。3人それぞれが今後の登山への自信にも繋がり、さらに山好きに拍車が

かかったではないかと思う。

17時に登山口駐車場に着き、今日は時間も予定オーバーとなった為、温泉は見送り砂渡食堂にて食事をとり、体を暖め、

空腹を満たし、帰路に就く。

記録  AI

Gallery